ARTIST'S STATEMENT

 

人の視覚は文化や経験、記憶の違いによって網膜像と知覚像にズレが生じる。そのため、視覚を通して感じる”大きさの恒常性”や”色彩の認識”は千差万別に存在する。

わたしは、そのような人の視覚のズレや不確かさに関心があり、絵画の永遠の主題である ”遠近法” や ”光” を軸に空間上のコンポジションや色彩のヒエラルキーを解体、再構築することで「網膜象的視覚」と「知覚像的視覚」が表裏一体となった余地のある空間を模索している。

中屋敷 智生

PAINTNER

TOMONARI NAKAYASHIKI

中屋敷 智生

ASK -Atelier Share Kyoto Studio 

ASP -Alt Space POST Representation

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram